スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央最新情報・・・美姫「自分らしく滑れた」/フィギュア(日刊スポーツ)

2007.12.27
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000031-nks_fl-spo&kz=spo

<フィギュアスケート:全日本選手権>◇27日◇大阪なみはやドーム
 今年の世界選手権を制した安藤美姫(20=トヨタ自動車)が女子ショートプログラム(SP)2位と上々の滑り出しを見せた。





最後のスピンでバランスを崩したが、今季のSPで初めて入れた連続3回転ジャンプを決め、終始明るい表情で演技を披露。68・68点で首位の浅田真央(17=中京大中京高)から4・24点差につけた

世相を反映する「CM」を振り返る

日々刻々、テレビ画面から流れるCMは、有名タレントを起用したゴージャスなものから、低予算だが訴求力の強いものまで、あらゆるパターンがある。どれも企業が知恵を絞って消費者に届けるメッセージだが、二昔前からの“好感度”ランキングを並べると、産業構造だけでなく、世相の移ろいも見えてくる。
各年度のランク表は、「商品別CMブランディング評価」といって、『CM総合研究所』(関根建男代表)が商品ごとのCMを対象に「どの程度、好感度を持たれたか」「購買意欲をそそったか」などを毎月、3000人アンケートでスコア化し、まとめた。
関根氏は、「花形産業の変遷が見られます。このランク以外にも全産業を20業種に分けた調査もありますが、1989年に8位だった『情報・サービス』は徐々にランクを上げ、2000年からは2位に。05年には長く1位だった『飲料』を抜いてトップに立ちました。原動力は携帯電話ですが、89年にはほとんど普及していないといっていい状況でしたから」と分析する。
(夕刊フジより引用 )


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。