スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉チルドレンの処遇最新情報・・・<次期衆院選>杉村太蔵氏は選ばれず 自民・北海道1区(毎日新聞)

2007.12.28
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000032-mai-pol

 次期衆院選に向け候補を選定していた自民党北海道1区(札幌市中央、南、西区)支部選考委員会は27日、YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事の会社役員、長谷川岳(がく)氏(36)を公認候補として党道連へ推薦することを全会一致で決定した。

 最後まで選考に残っていた道内出身の現職、杉村太蔵氏(28)=比例代表南関東ブロック=は選ばれなかったが、党本部サイドには杉村氏を推す動きもあり、調整が難航する可能性もある。

 選考委には1区暫定支部長の今津寛党道連会長も出席し「自民が団結すれば民主に勝てる。地元の意思を十分に尊重して(公認の)手続きを進めたい」と述べた。

 杉村氏は11日、記者団に「無所属でも1区から立候補する」と宣言しているが、今津氏は「決まった以上は説得するしかない」と話した。ただ、「調整には時間がかかる」と含みを持たせた。

 長谷川氏は選考委での決定後に会見し、「民主の横路(孝弘)さんは尊敬すべき政治家だが、そろそろ私たちの世代に交代してもらいたい」と意欲を語った。





27日付で祭り組織委員会専務理事を辞職し、会社役員の職も1月で辞する意向を示した。【真野森作】

【関連記事】 選挙:衆院選 自民執行部と小泉チルドレン、公認調整で反目
【関連記事】 臨戦:衆院選 自民1区支部、演説会と党員調査断念 決着には曲折も /北海道
【関連記事】 自民:選対が次期衆院選候補選定の基本方針決める
【関連記事】 選挙:衆院選・道1区 自民、候補決定へ杉村氏と長谷川氏で演説会 /北海道
【関連記事】 選挙:衆院選・道1区 自民、杉村・長谷川氏の面接 月内に結論 /北海道



スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。