スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.12
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000008-maiall-spo

 ラグビーの第44回全国大学選手権は12日、東京・国立競技場で決勝があり、早大(関東対抗戦1位)が、慶大(同3位)を26-6で降し、39大会ぶり2度目の早慶決戦を制した。早大は2年ぶり14回目の優勝。

 試合は、降りしきる雨の中キックオフ。早大は前半18分、ゴール前スクラムから、FW豊田が持ち込みトライ。GKも決まって7点を先制した。慶大は37分、FB小田がPGを決め、3点を返す。そのまま前半終了。

 後半16分、早大がスクラムから展開し、TB長尾がゴール中央にトライ、GKも決まって7点を追加し14対3。後半27分には早大がモールを押し込んでゴール左すみにトライし、19-3。31分、慶大は小田がPGを決めて3点を返し19-6とした。早大は35分にもトライとGKを決めて7点を追加、26-6と突き放し、試合終了。







【特集】 ラグビー 大学選手権決勝への道のり
【関連記事】 ラグビー:全国大学選手権 早大と慶大、きょう決勝 密集の集散、見どころ
【関連記事】 全国大学ラグビー:早大のV濃厚か…12日に慶大と決勝戦
【関連記事】 ラグビー大学選手権:早大と慶大が39大会ぶり決勝対決へ
【写真特集】 高校ラグビー決勝戦 写真で振り返る

一般からプロのアスリートまで“肩”疾患手術の実績は年間150例

■ブラックジャックを探せ!
鈴木一秀さん(43)昭和大学藤が丘リハビリテーション病院(横浜・青葉区)整形外科助教
サラリーマンにとっての肩の痛みといえば、馴染みの深いのは四十肩や五十肩。「痛くてゴルフができない」とお嘆きのお父さんは数多い。そんな一般的な疾患から、プロのアスリートのケガに至るまで、“肩”のことなら何でも診るというのが、今回紹介する鈴木医師だ。
(夕刊フジより引用 )


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。