FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉ならこれ! なまはげが女風呂に乱入、女性の体触る 秋田・男鹿温泉郷(産経新聞)

2008.01.12
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000916-san-soci&kz=soci

 秋田県男鹿市の男鹿温泉郷にある旅館の女性風呂で昨年のおおみそか、国の重要無形民俗文化財の「なまはげ」が乱入し、浴場内の女性客数人の体を触っていたことが12日、わかった。





なまはげに扮(ふん)していたのは20代の男性で、乱入時は酒に酔っていた。男鹿温泉郷協同組合や地元町内会では、この男性の所属する町内会のなまはげの温泉郷への出入りを3年間禁止することを決めた

『温泉文学論』川村湊著

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった」周知の川端康成『雪国』の書き出しである。これが最初に「夕景色の鏡」という題名で「文芸春秋」一九三五(昭和十)年一月号に短編小説として発表されたときには、書き出しの前に10数行の別の文章が付いていたという(その13年後、決定版『雪国』となる)。
《濡れた髪を指でさはった。--その触感をなによりも覚えてゐる。(中略)たゞ左手の○○○だけが彼女をよく覚えてゐた。島村はその○を不気味なものゝやうに眺めてゐることがあるくらゐだった。(後略)》
伏字、旧かな遣いは発表時のままだが、伏字が「人差指」と「指」であることは、決定版にある車中で指の匂いを嗅ぐ場面や、次の描写で明らかだろう。
(夕刊フジより引用 )


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。